今年の施餓鬼法要も、たくさんの檀家さんにご参詣頂き、3人のご僧侶にご協力頂いて、無事に厳修

いたしました。施餓鬼は、毎年行われる大切なご先祖供養・すべての生命のご供養でございます。

ご僧侶の皆様、光見寺・能願寺の檀信徒の皆様、ありがとうございました。

さて来年、総本山遊行寺を中心として、二祖真教上人の七百年御遠忌(ごおんき)が開催されます。

そこで今年は、真教上人が創建された古刹である長蓮寺の浜田御住職にご法話をお願いいたしました。

大変わかりやすく、ありがたい貴重なお話でした。

時宗教団の大成者:二祖(二代目・宗祖は一遍上人)真教上人が1319年に遷化されて以来、

来年、七百年の節目を迎えます。この特別の機会を捉えられて、修復を施された「総本山の

ご本尊に手を合わせる」ために遊行寺にお参りされてはいかがでしょう。総本山も温かく迎え

入れてくれるはずです。                                合掌